現在地:
  1. Pandaトップ
  2. サポートニュース
  3. 最新情報
  4. Panda Cloud Office Protection ,Panda 2015 製品での不具合に関して

最新情報 : Panda Cloud Office Protection ,Panda 2015 製品での不具合に関して

投稿日時: 2015年03月12日

2015年3月11日のシグネチャファイルの問題は、Panda Cloud Office Protection とPanda2015(コンシューマ製品)にいくつかのファイルを検疫に移動させる問題を起こしました。

問題があったシグネチャファイルは修復され、検疫されたファイルを回復するソリューションが自動的に適用されましたが、まだファイルが回復しない場合には、下記の手動にて回復ツールを実行していただくようお願い申し上げます。

この度は多大なご迷惑とご不便をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。

 

英語サイト

http://www.pandasecurity.com/uk/homeusers/support/card?id=100045 

Update 18 March, 2015

======================================

シナリオ1:コンピュータが通常に起動する場合

======================================

 

1.管理者権限でCMD(コマンドライン)を実行します。

2.CMDウィンドウには、下記コマンドを入力してEnterキーで実行をして下さい。

 

sc stop psinprot

sc stop psinaflt

sc stop nanoservicemain

 

3. extended-recovery.exe  ファイルをダウンロードします。

4. extended-recovery.exe  ファイルをダブルクリックします。

5. ツールの進行状況を表すウィンドウが表示されます。処理には数分かかります。

 

6.重要!検疫からすべてのファイルを元のフォルダに復元するとウィンドウは閉じますので

 プロセスが完了するまでお待ち下さい。

 

7.コンピュータを再起動して、回復されているか確認して下さい。

 

======================================

シナリオ2:コンピュータ Windowsにログインできない

======================================

英語サイト

http://www.pandasecurity.com/uk/homeusers/support/card?id=100047

 

1. pandarescuecombo_3.iso をダウンロードします。

2.ダウンロードしたisoファイルからCD-ROMを作成します。

 

    ***USBの場合には***

    a. USBキーを用意します。    

  b. unetbootin をダウンロードします。

    c. ダウンロードしたpandarescuecombo_3.iso ファイルをC:\pandafixに置きます。 

  d. unetbootinを開き、下記画面のように設定をおこないます。

  ・Diskimage  [ISO] を選択

        参照ファイルに C:\pandafix\pandarescue_combo_3 を指定する。

       ・Type [USB]を選択

  ・Drive:USBキーが接続されているドライブを指定する。    

   最後に「OK」ボタンをクリックします。

 

 

3.作成したCD-ROMまたはUSBキーをCD-ROMドライブ、またはUSBデバイスに挿入してコンピュータを起動します。

 *コンピュータのブートシステムをCD-ROMまたはUSBキーから起動するようにして下さい。

4.回復ツールが起動したら、ウィザードに従ってください。

5.回復ツールが完了したら、コンピュータの再起動をおこない、Windowsを起動させます。

 *使用後はCD-ROM、USBキーは外してください。

6.Windowsが起動したら、C:\pandasrescue\tool 内にある、LauncherNano32.exe または LauncherNano64.exe  ファイルをダブルクリックします。

 *ご利用のOS毎に選択してください。32ビット版(LauncherNano32.exe)、64ビット版(LauncherNano64.exe)

 

7. ツールの進行状況を表すウィンドウが表示されます。処理には数分かかります。

8.重要!検疫からすべてのファイルを元のフォルダに復元するとウィンドウは閉じますので

 プロセスが完了するまでお待ち下さい。

 

9.コンピュータを再起動して、回復されているか確認して下さい。

 

UPDATED 16 March, 2015

======================================

シナリオ3:その他

======================================

英語サイト

http://www.pandasecurity.com/homeusers/support/card?id=100046

 

1. restorelf.zip  をダウンロードして解凍します。

2. 管理者権限でCMD(コマンドライン)を実行します。

3.CMDウィンドウには、下記コマンドを入力してEnterキーで実行をして下さい。

 

sc stop psinprot

sc stop psinaflt

sc stop nanoservicemain

 

4. restorelf.zipを解凍して Cドライブに置き restorelf.exe をダブルクリックします。

    *重要:このツールはハードディスクドライブ上で実行します。USBメモリ上から実行しないでください。

 

5. ツールの進行状況を表すウィンドウが表示されます。処理には数分かかります。

 

6.重要!検疫からすべてのファイルを元のフォルダに復元するとウィンドウは閉じますので

 プロセスが完了するまでお待ち下さい。

 

7.コンピュータを再起動して、回復されているか確認して下さい。