現在地:
  1. Pandaトップ
  2. Pandaプレスリリース
  3. 最新情報
  4. 仮想アプライアンス Panda Virtual GateDefender Performaをリリース

最新情報 : 仮想アプライアンス Panda Virtual GateDefender Performaをリリース

投稿日時: 2011年10月20日

 PS Japan株式会社(本社 東京都中央区 代表取締役 塚越 誠 )は、この度 VMware Ready認定を達成した仮想アプライアンス Panda Virtual GateDefender Performaを販売開始いたしました。
Panda Virtual GateDefender Performa は、VMware ESX/ESXi VMware Server 上で動作するゲートウェイ型セキュアコンテンツ管理(SCM)ソリューションです。
2003 年の発売開始以来多くのお客様に好評をいただき実績を積み上げてきた SCM アプライアンス製品の Panda GateDefender Performa のテクノロジーを余すところ無く仮想アプライアンスとして OSとソフトウェアをセットで提供いたします。


《製品概要》
Panda Virtual GateDefender Performa は、アンチマルウェア、アンチスパム、コンテンツフィルタリング、Web フィルタリングを一本化しクラウド技術を活用しながらコスト効率、アプリケーションの統合と簡素化を実現でき、仮想化環境のメリットを増幅する SCM ソリューションです。

HTTP、FTP、SMTP、POP3、IMAP4、NNTP の 6 つのプロトコルに新たに"HTTPS"を加えたアンチマルウェア機能、業務の生産性を低下させトラフィックに負荷を与えるスパムメール(迷惑メール)をブロックするアンチスパム機能、不適切なインターネットアクセスを制限し、生産性の向上と共に、悪意のある Web サイト経由のセキュリティリスクから保護する Web フィルタリング機能により、あらゆる脅威(マルウェア)の侵入や流出をゲートウェイレベルにおいて遮断し、最適なプロテクションを提供します。


《クラウド時代の SCM 仮想アプライアンス》
Panda Virtual GateDefender Performa に搭載されているこれらの主要な 3 つの機能は、Panda 自社開発のクラウド対応アンチマルウェアモジュール、 日本でも大手 ISP に数多く採用されているCloudmark 社のクラウド型アンチスパムモジュールに加え、Commtouch 社の Web フィルタリングエンジンを新たに採用。このエンジンはクラウドに対応しておりクラウド上にある Commtouch 社の膨大なナレッジデータベースを活用します。
これら3つの機能により、クラウド型コンテンツセキュリティの「Best-of-breed」(最善の組み合わせ)を実現しています。
Panda Virtual GateDefender Performa は、クラウドのPandaクラウドナレッジデータベースと連携し高性能と最新のインターネットの脅威に対するリアルタイムの保護を提供する唯一のハイブリットセキュリティソリューションです。

 

《価格》
■Panda Virtual GateDefender Performa
アンチウィルスプロテクション:50 ユーザー、1 年 82,000 円から*1
アンチスパムプロテクション :50 ユーザー、1 年 82,000 円から*1
Web フィルタリングプロテクション:50 ユーザー、1 年 68,000 円から*1
トータルプロテクション 50 ユーザー、1 年 142,000 円から*1
*1 全て税別

 

Panda Virtual GateDefender Performa 製品ページ