PANDA SECURITY

各種お問い合わせはこちら

文字サイズ変更
現在地:
  1. Pandaトップ
  2. 製品
  3. Panda USBワクチン

Panda USBワクチン 無料 USBドライブ経由で拡散するマルウェアをブロックする無料のソリューション

 

  • リムーバブルデバイスやメモリースティック、MP3プレイヤー、デジタルカメラなどの様なドライブを経由して拡散する危険なConficker wormのようなマルウェアの数が増加しています。
  • USBドライブやその他のデバイスに対して、また同様にコンピュータ自身に対しても AutoRun機能を無効にするダブルレイヤーの予防型プロテクションとして提供します。

AUTORUN機能を無効に

Windowsは、USBドライブやその他のデバイスをコンピュータに接続した時に、どのようなアクションを取るべきか把握するために Autorun.inf ファイルを使います。 このファイルは、デバイスのルートディレクトリに位置し、コンピュータに接続する時に、デバイスに格納されたコンテンツの一部を自動的に実行するプログラムを定義するためのオプションを提供します。

この機能は、サイバー犯罪者達が、Autorun.inf の書き換えによって、USBドライブに格納されたマルウェアを自動実行するコマンドを組み込むといったウイルスを拡散する手段として使われています。 よく見られるケースでは、デバイスがコンピュータに接続された時にマルウェアが自動で実行されます。この場合は、すぐに問題のコンピュータを感染させてしまいます。

解決策として

これを防ぐのが、USBドライブや他のデバイスに対して、また同様にコンピュータ自身に対してもAutoRun機能を無効にすることを可能にする、ダブルレイヤーの予防型プロテクションとしてPandaが提供する無料のプロダクト、Panda USBワクチンです。

コンピュータワクチン

無料のPanda USBワクチンによって、ユーザーはPC上でのAutoRunの実行を完全に無効にし、全てのUSB/CD/DVDドライブ上の如何なるプログラムも自動で実行できないようにして(以前にワクチンを実行しているかどうかに関わらず)、問題の発生を防ぎます。ユーザーがWindows PCのAutoRunを完全に無効にする簡単な設定方法がないため、、これは非常に有用な機能です。

USBワクチン

  • ・無料のPanda USBワクチンは、自動的に拡散するマルウェアの感染を防ぐために、AUTORUN.INFファイルを無効にするため、個々のUSBドライブに対して使うことができます。
  • ・ワクチンが適用されると、永久にAUTORUN.INFが読みこまれたり、作成されたり、書き換えられるのをブロックします。
  • ・一旦適用されると、Windowsが特定のUSBドライブに格納されているかもしれないどんな悪意あるファイルを自動実行するのを効果的に阻止します。それ以外の用途においては、USBドライブは普通に使用することができ、ファイル(マルウェアでさえも)をコピーする/されことが可能ですが、それらは自動的に開かれることはありません。
  • ・Panda USBワクチンは、現在FATおよびFAT32 フォーマットのUSBドライブでのみ動作します。

※一旦ワクチンを適用したUSBドライブは、元に戻すことができません。ワクチンを解除するためには、ドライブを初期化する必要がありますのでご注意ください。

USBワクチン

Panda USBワクチンは、100%無料です。フィードバックはいつでも歓迎いたします。
“emailアドレス”、“クライアントタイプ(企業/個人)”、“国名”を選択して頂くだけで、すぐにダウンロード可能です。(英文サイト)

 

  • ※動作環境: Windows 2000 SP4、Windows XP SP1-SP3、Windows Vista SP0 および SP1。
  • ※USBワクチンについてはテクニカルサポートは行なっておりません。
  • ※最新情報はこちら: Panda Research Blog(英文)

コマンドラインオペレーション

新しいUSBドライブがシステムに接続されるたびに通知してPanda USBワクチンを自動で起動させたり、ネットワーク上のコンピュータにログインスクリプト経由または他のディストリビューションメソッドでワクチンを適用したい上級ユーザーのために、Panda USBワクチンはコマンドラインでオペレーションを行えます。

入力パラメータは以下の通りです:

  • USBVaccine.exe [ A|B|C…|Z ] [ +system|-system ] [ /resident [/hidetray] ]
  • [drive unit]: drive unit にワクチンを適用
  • +system : コンピュータにワクチンを適用
  • -system : コンピュータからワクチンを除去
  • /resident: プログラムを常駐させ(表示無し)すべての新規のUSBドライブにワクチンを適用を促す
  • /hidetray: /residentコマンドと同時に使用し、タスクトレイアイコンを隠す

【使用例】

USBVaccine.exe +system
コンピュータにワクチンを適用し、タスクトレイアイコンを表示させずに全ての新規のUSBドライブに対してワクチン適用を促す
USBVaccine.exe /resident /hidetray +system
最後のコマンドラインの例(ないしは、/hidetrayオプション無し)でスタートアップフォルダにUSBVaccine.exeへのショートカットを作成することで、あなたがコンピュータを起動するたびにUSBワクチンを確実にシステムにロードすることが可能になり、コンピュータにワクチンを適用したり、ワクチンが適用されていない新しいUSBドライブへの適用をユーザーに促すことが容易になります。(以下のポップアップが表示されます)
ただし、Vistaでこれを行うと、UAC(User Account Control)が、アドミン権限を要求してスタートアップの実行がブロックされます。 この問題については今後のバージョンで解決する予定です。


自動的にUSBワクチンが起動するように設定した場合の、ドライブを挿入した時に表示されるポップアップ

 

【Panda ブログ(日本版)】

Pandaブログ日本版のサムネイル画像